マインドフルネスとは

マインドフルネスとは

マインドフルネスという言葉をあまり聞いた事がないという人もいるかもしれません。

日本ではあまり一般的ではないかもしれませんね。

なので、ここではマインドフルネスがどういうものなのか、どういう効果をもたらしてくれるのかという事についてじっくりと解説していきたいと思います。

マインドフルネス速読の公式HPへ

マインドフルネスの定義

マインドフルネスの定義に関しては日本マインドフルネス学会により以下のように定義されています。

“今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれの無い状態で、ただ観る事。”

ちょっと意味がわかりづらいという方もいるかもしれませんが、人間は一つの物事を判断する時には無意識のうちに過去の経験や、未来の事を考えて判断をしてしまうものです。

今この瞬間にあるものになんの判断も加えずにただ観るという事はトレーニングしなければ出来ません。

しかしそうした捉え方が出来るようになれば非常に高い集中力を発揮する事が出来るようになるのです。

マインドフルネスに用いられるものとは

マインドフルネスを実践する際によく用いられるものはマインドフルネス瞑想と言われる瞑想と、集中呼吸法というものがあります。

マインドフルネス瞑想というのは、古くから禅やヨガなどで用いられる瞑想から、怪しげな精神性や宗教的な要素を取り除いたものです。

これは、余計な宗教観などは必要ないので、誰にでも気軽に実践する事が出来るものとなっています。

姿勢を正して、呼吸に意識を向けるだけです。

こうしたマインドフルネスを実践する事で集中力や注意力のアップ、感情のコントロール、メタ認知力(自分を客観視する力)のアップに繋がり、心身ともに健康になります。

マインドフルネスと速読

実際にマインドフルネス速読でこのマインドフルネスをどう活用するかと言うと、まず一番に行うのは速読を行う前の準備としてです。

速読とは脳に結構な負荷をかけるトレーニングとなります。

スポーツ選手でも運動をする前には必ず準備運動をするように、マインドフルネス速読のトレーニングも実際にトレーニングを行う前には十分な準備運動をする必要があります。

また、マインドフルネスによって落ち着いた精神を手にする事で、気持ちが安らぎ精神も安定してきます。

こうした心理的なトレーニングは自律神経の回復といった効果もあり、それだけでも十分な効果を見込めるものとなっています。

このマインドフルネスと速読とを掛け合わせたマインドフルネス速読は心理的な効果の非常に高いものだという事がわかって頂けけるのではないかと思います。

マインドフルネス速読の公式HPへ TOPページを見る